飲食店の順風満帆な経営の秘訣はコンサルタントにあり❘潤い黒字経営

スーツの女性

頼りになる利用法

オフィス

中国で製造し、販売されている商品は日本の商品よりも安いというメリットがあります。それらの商品を仕入れて販売すると、純利益も上がり業績好調となるでしょう。しかし海外の商品を手に入れる際には、輸入手続きを行なわなくてはいけません。輸入する際にはさまざまな手続きを図る必要があり、その際に費用が掛かってしまうでしょう。原価の安い商品であってもそういった費用が重なってくるのであれば、日本の商品よりも高い購入費となる場合があります。その問題を解消する業者として、中国輸入代行業者が現れました。中国輸入業者は、中国で商品販売を行なっているサイトから直接商品を購入し、依頼企業の代わりに日本へ仕入れてくるのです。そういった流通業者は多くありますが、その中でも中国輸入代行業者が最も安いと言われています。

流通業者を利用する際に掛かる手数料が約13~15%に対し、中国輸入代行業者の多くが、10%を切るという特長があります。少しでも商品仕入れ値を削減することで、企業の経費削減に繋がる為、大きなメリットとなるでしょう。また、商品を仕入れる先は販売サイトのみならず、商品を製造している工場と直接契約している業者もあり、さらに中間マージン無しのルーツで仕入れることを可能としています。工場から直接仕入れ、そのまま日本へ商品を輸入する中国輸入代行業者の利用価値は高く、多くの企業が利用しているものです。良きビジネスパートナーとなるでしょう。